2020年8月25日

ユリのその後

 

 

ご無沙汰しております。

8月も後半ですね。

しかし、毎日暑い日が続きます。

 

毎日、地温、気温を調べますが、球根はだめになっちゃったと思うような温度です。

今朝は、少し低め 地温26度 気温も場所によりけりですが26度から28度でした。

暮が怖い!

今年は、植え替えをする予定です。

球根、残ってるかなぁ……………

 

さて、その後のユリです。

 ベニスジ

暑がってます。

この場所は、今年始めての場所。

周囲には木を植えて、ハウスには50%遮光のネットを張ってあります。

それでも、朝10時ころの気温が30度を超えてます。

人間が暑いのだから植物も暑いですよねぇ。

 

 

キカノコユリの莢にアオガエルが乗ってます。

色が同じで同化して見えました。

なんと微笑ましい!

 

そうそう、キカノコユリの種は実りそうです。

 

 

ハカタユリの莢

 

こちらもなんとか来てくれてます。

太って、しっかりと種を充実させてほしい!

キヒラトユリの莢。

 

キヒラトユリは稔性が良いそうです。

今年は、キヒラトユリが咲いている間は雨が多くて、何回も花粉を付けました。

5輪くらいの花を受粉させましたね。

結果、2莢付けました。

 

 

ちょっと見にくいですが、茶色の枯れた茎があります。

残念ながら茎が枯れてしまいました。

ヤマユリ 遅咲き種です。

 

今年は、この黄色のタグを受粉させた茎にNOを付けてわかるようにしました。

 

だめになっても、黄色のビニタイで結果がわかります。

 

しかし、だめになったものを見るのは力が抜けます。

 

タイワンカノコユリ

茎に2輪咲きました。

自家受粉をさせて見ました。

最初に咲いた花は、茎が枯れてしまったのでこちらは残ってほしい!

 

鉢の底が見えます。

これは、不要になった陶器鉢を地中に埋め込んでます。

雨対策ですね。

 

タイワンカノコユリ

2輪咲いたときの写真です。

8月18日に2輪とも開花してました。

 

奥の花には、既に自家受粉をさせてましたね。

 

無事に実ってくださいと祈ります。

 

 

上の写真のベニスジは今こんなになってます。

木の根本に植えたんですが、ここは西日が当たる場所です。

他にも、アカカノコユリ、ヤマユリ、サクユリ青ヶ島産の球根を植えました。

いなくなっちゃったユリ、木陰でまだ生きているユリ、暑がっているユリといろいろです。

このベニスジは、ヘクソカズラに巻き付かれていい感じに元気です。

 

この場所、西日が当たるのはちょっと問題ですけど、地温・気温は低めです。

 

12月末にはもっと多くのユリを植えてみようと考えてます。

 

来年の結果が楽しみです。

 

今は、マドンナリリーの準備を始めています。

来シーズン用に、やり方を変えてみようと検討中です。

 

今、考えている方法で育てると楽に良い球根ができそうに思います。

 

良い結果が出たらお知らせしましょうね。

 

お楽しみに。

 

2020年8月13日

ロストルニィの開花

 

暑いです。

毎日

「最高気温がどこでそこで観測されました。」

と報道されてます。

ガーデンのユリたちも暑がってます。

葉が黄色く変色して、落としていくユリもいます。

夏を無事に過ごせて、冬に無事球根を掘り上げられるユリがどれだけいるのか不安です。

 

ちなみに、今朝9時30分頃の気温と地温です。

気温 40度 ハウス内です。

地温 29度 泣きます!!

もう、しっかり球根腐敗病が蔓延しちゃいますよね。

 

どうしよう……………

 

さて、ロストルニィが高冷地で咲きだしてます。

 

キカノコユリのこぶりな花と紹介されますが、花びらは細めですし、蕾の付き方が違いますね。

 

 

 

そして、もう一つおしまいの花を感じさせてくれる花。

シロカノコユリ 峰の雪

 

最後と思うから、よけいにきれいと感じます。

 

来年までまたね。

2020年8月10日

タイワンカノコユリ

 

 

今週は一番暑い週になると予報が言ってました。

本当に、先週よりも暑く感じます。

外で作業をしていると汗がダクダクで、休みながらでないとできません。

熱中症に注意ですね。

 

気温が高いので、ユリが暑がってます。

葉を黄色くして落ちてしまうものができてきています。

今、動かしてしまうのも良くないので様子を見ていくことしかできません。

今年は例年と比べ高温です。

今週が山でしょうか。

同しようもないものは観察を続け、来年にそなえようと思います。

 

さて、タイワンカノコユリが咲き出しました。

 

8月8日 夕方 蕾が開き始めます。

花びらの内側の紅色が花よりもしっかりと濃い。                                                 

花の咲き方も、額3枚に別れて開きだしてます。

 

面白い咲き方だと感じます。

8月10日 朝9時30分

花が咲いてます。

昨日、開花したようですね。

 


左側 タイワンカノコユリ             右側 タキユリ

 

この時期、ガーデンではカノコユリ系の花はタキユリシカありません。

どうしても、一緒に移すとなるとタキユリのみとなってしまいます。

 

 

こちらは、昨年咲いた色の淡いタイワンカノコユリです。

 

明日はしっかりと花を見せてくれることでしょう。

 

ロストルニィの色付き蕾です。

今週中には、色付き蕾が開花します。

昨年は、8月22日にはなの写真を撮りました。

今年は、開花が少し早いような気がします。

 

タケシマユリの種です。

15輪くらい受粉作業を行いましたが、3個蕾を付けてくれました。

 

非常に種を付けてくれない種類です。

受粉作業には、ただ花粉を柱頭に付けただけではありません!

しっかりと種ができるように薬剤を使用しています。

 

2020年8月7日

写真を送っていただきました。

 

 

7月14日

花菜ガーデンへ搬入したタキユリです。

8月4日に写した写真を、職員の方が送ってくださいました。

 

「木々の間から溢れる光とタキユリが自然できれいに見える。」

との言葉を添えてくださいました。

 

うわぁ~~!

ありがたいです!!

 

今年は、よくできたなぁと自分でも思ってました。

多くの来園者の皆様の目に触れたら嬉しい限りです。

 

8月10日搬出予定です。

来年も、良い花が見ていただけるように、帰ってきてからしっかりと面倒を見ます!

 

 

ちょっと、ウケユリっぽいですが、

タモトユリとなにかの雑種です。

 

ヤマユリだと思いますが………

 

以前、ここで香りはないとお伝えしましたが訂正します。

 

香りはありました。

 

私の鼻では、どの香りであるかはわかりません。

しかし、しっかりと香りはありました。

 

ロストルニィが、来週あたり咲きそうです。

明日、高冷地へ行ってまいります。

色付きのロストルニィの蕾を写真に撮ってきます。

 

そして、タイワンカノコユリも蕾がうすく中の色が透けて見えるようになっているので

開花が近いです。

 

月曜日に、マドンナリリーの球根をポット植えしました。

木曜日に様子を見たら、根が張り出してます。

 

今年の花は終わりになります。

来年用の球根の準備は始まります。

 

1年は早いですね。

来年の準備が始まってます。

 

 

2020年8月3日

動き出しちゃった!

 

 

梅雨が開けたと思ったら、一気に本格的に夏がやってきましたね。

はひぃ~~~汗 (・。・;

 

7月が温度としては低かったので、秋が来たと勘違いしている球根があります。

後、一月は高温が続くのに困ります。

 

 

 

7月上旬に、高冷地にもっていった球根たち。

 

もう、芽が動き出してますね。

まだ、秋じゃないよと言っても無理よね。

 

ポットへ植え替えてきました。

今後、ごんなふうに育ってくれるかなぁ??

早く動き出した分、早く大きくなってくれるかしらね。

こんなにしっかりでなくとも、わかるかわからないくらいに動き出している球根がたくさんあります。

 

今年の気候、植物も困惑してるよね。

 

ベニスジヤマユリが咲いていました。

紅の部分が、ちょっと狭いと感じます。

高冷地といっても、今年は暖かかったですものね。

4月に、遅霜の被害にはあってますが…………

 

 

ヤマユリが咲いてます。

ハウスの中ですから、背が高い。

2m以上あります。

上を向かないと、写真が撮れません。

 

 

ロストルニィの蕾が20輪近く付いてます。

すごいなぁ。

 

茎がお辞儀してますが、南側を向いているんです。

光を求めてます。

 

後、2週間くらいで開花すると思います。

 

お楽しみに!

上の写真は、高知県産タキユリ 左側   長崎県佐世保市俵ヶ浦産タキユリ 右側

花を比べてみました。

長崎県産のほうが、この写真だけでは大きいですね。

 

今後、追跡が必要です。!