2020年6月30日

2日目のベニスジ

 

昨日咲いたベニスジ、2日目です。

 

2日目では、色がくすんできます。

写真では、わかりにくいかもしれませんね。

 

ガーデンのベニスジヤマユリもそろそろ咲きそうです。


 ?のベニスジのつぼみ               ガーデンのベニスジのつぼみ

 

つぼみでは、色・形はわかりませんが、ともに明日、明後日には咲きますね。

咲いたら、比べてみましょう。

 

ガーデンには、馴化中のベニスジが産地別にいくつかあります。

色・形・花のサイズなど、比べてみたら面白いだろうと考え中です。

 

いつの日か、お知らせできたらうれしいなぁ~~~~

待っててくださいね。

昨日咲いていたキヒラトユリ

 

今日は、開花輪数が増えてます。

 

右側の写真は、わかりにくいですが2輪咲いてます。

 


2020年6月29日

花、花、花、つぼみ

 

咲きました!

花を見られるのは非常に嬉しい。

嬉しさを共有してください!

ヤマユリ ベニスジ

 

このベニスジは、来歴が不明です。

今まで紹介したガーデンのベニスジではありません。

いつの間にか、培養瓶の中に入っていたベニスジ。

そして、増えてしまったベニスジです。

なんで???

 

ベニスジは、無菌播種では作ることができない種類。

つぼみの中の胚珠を培養しなくてはできません。

どこからきたんだろうなぁと考えてしまいます。

 

まだまだ、つぼみはあるので全部咲いたら見事だと思いますよ。

                                                               

 


 

 

上の2枚は、サクユリです。

次々と咲いてきます。

 

 

 

 

キヒラトユリが咲きました。

鮮やかな黄色。

昨日咲いたようです。

 

 

 

イワトユリも開花しました。

 

このイワトユリ、あまりにも勢いが凄くて、一時期ハイブリットが混入してしまったかと心配しました。

今までの、成長を見てください。

 


6月12日 蕾の数が多くて、ちょっと疑います。  6月16日 つぼみがバラけて来ました。

左側

6月17日

節間が伸びだして来ました。

 

6月25日

つぼみが色づき始める。

まだ、本当にイワトユリか不安でした。


立派なイワトユリです!

 

疑ってごめんなさいと謝ります。

 

このイワトユリは、2019年暮に培養瓶から出して植えたものです。

うまく生育したんですね。

芽出しの頃から勢いが良かった。

1年目で、つぼみ13個。

立派としか言いようがありません。

 

最後に、キカノコユリです。

この後、受粉をさせて花をもいでしまったのでこの姿はこれが最後です。

 

2020年6月26日

日々咲き進む

 

 

今日も、平塚はムシムシしてます。

九州では、豪雨のようですね。

雨はありがたいですが、過ぎると困ります。

何事も程々がいいですね。

 

さてさて、キカノコユリが咲き進んでます。

やはり、花が増えてくると豪華ですね。

この花が見られるから1年頑張ろうと思えます。

 

 

キヒラトユリ 岩清水

 

つぼみが色付いてきました。

開花はそろそろですね。

 

今週、前半の強風で茎が少し倒れてしまいました。

キヒラトユリの周辺は、背が高くなるユリがなくて強風をもろに受けてしまいました。

来年の反省ですね。

 

 

ハカタユリ

 

久しぶりのハカタのつぼみ。

もう、涙涙です。

元気に開花までして欲しい!

 

そして、種を作りたい!!

 

欲張りですか?

 

いえいえ、種は保存しなくてはいけません!!!

2020年6月25日

蒸し暑い

 

今日は蒸してますねぇ。

ちょっとバテます。

 

でも、ユリの花は咲きます。

早咲きのヤマユリは終わってしまいました。

今日は、サクユリが咲きました。

今朝咲いたばかりの花です。

葯も開いてませんね。

これから次々と咲きますよ。

最初の一輪です。

そろそろ咲きそうなつぼみも見えてます。

 

楽しみです!

 

もう一つ、咲いた花があります。

キバナカノコユリ      Lilium henryi Baker 1888

花をどアップに写しました。

 

キバナキカノコユリ Lilium henryi Baker var.citrinum hort.Wallace 1936

と花の色が違うだけで容姿が酷似してます。

今年、いろいろな角度から姿を観察しましたが違いがわかりませんでした。

キバナキカノコユリは、つぼみがまだ小さくて開花はしません。

開花したら見てください。

 

 

 

 

 

2020年6月19日

今日は涼しい

 

梅雨寒です。

過ごしやすい。

嬉しい\(^o^)/

 

すみません。

うかれてます。

 

さて、うかれついでに開花はじめたユリの花、見てください!

ウケユリ

開花が始まったばかりです。

葯も開いてません。

明日の朝が美しいと思います。

後ろにも、咲き始めのウケユリがいます。

上から見るとこんなふうに咲いてます。

この後、位置をずらしました。

発泡スチロールの箱に植えてあるんですが、箱のしたは水が溜まっててね。

球根が腐ってしまうのが怖い。

後日、開花したウケユリの写真をUPしたら、この写真と違うと感じられると思います。

 

平塚で咲いているユリはこのくらいでしょうか。

高冷地では、タケシマユリとクルマユリが咲いてました。

どアップの花を見てください。




上の写真は、キヒラトユリ 岩清水 のつぼみです。

左は、6月16日に写した写真、 右は 6月19日に写した写真。

右は、つぼみが下を向いてます。

咲く準備を始めてますね。

 

植物は不思議だと感じます。

咲いてもいい頃になると、自分できちんと咲く準備を始めます。

すごいなぁ~と感心します。

2020年6月16日

順々に咲きだしてます。

 

昨日、紹介したヤマユリ 早咲種の花が次々と咲きだしてます。

周囲は香りに溢れてます。

さすがに、ヤマユリの香りは強い。

戸外なのに、しっかりと香りを確認できますからね。

この写真では見えませんが、奥の方にも2輪花があります。

 

手前の花は、この後受粉させてから、花びらと雄しべを取り除いてしまいました。

ウケユリ

 

つぼみが育ってきてます。

そろそろ開花しますね。

今週末?来週はじめ?

 

楽しみですねぇ~

タカサゴユリ

 

左側は、横から見たもの。

右側は、正面ですね。

 

リーガルリリーのような花ですね。

 


キヒラトユリ 岩清水

 

つぼみが育ってきてますねぇ~

 

ヒョロヒョロと上に伸びる性格みたい。

途中で折れてしまうものも出てきてます。

が、折れても上に向いて来るんですよ!

すごいと感じます。

根性だわ。

 

 

 

最後にタイワンカノコユリのつぼみです。

時々写真をUPしてますが、ゆぅっくりですね。

やっと、つぼみらしくなってきました。


2020年6月15日

笑っちゃいます。(*^^*)

 

今日も蒸し暑いです。

昨日は梅雨らしい一日だったのに……………

 

さて、今朝は思わず笑ってしまいました。

 


なぜか、小動物よけと遮光ネットに蕾の先が入ってしまったヤマユリを見つけました。

ユーモラスな姿ですよね。

 

もちろん、即離しましたよ。

 

今日も、1輪咲きました。

ヤマユリは、1輪だけでも存在感がありますね。

華やかです。

 

ヤマユリの中に咲いた、ササユリです。

この花粉の色で考えると護摩壇産のササユリのようです。

 

はぁ~~、大事にしましょう。

 

 

この他にも、驚きの間違いがあるんです。

 

ハカタユリが生きてました。

つぼみも持っていそうです。

以前購入した種に「ハカタの変種」という球根があります。

この中に香港の方と球根を交換して種を取った本物の「ハカタユリ」が混じってました。

嬉しい間違いです。

2020年6月12日

間違った!

 

今日も、平塚は蒸し暑い。

タラタラと汗が流れます。

 

ユリは、雨で水をもらってホッとしているように見えます。

やはり、雨はありがたい。

 

表題の「間違った!」は培養して育った球根を培養瓶から出した時に、他の種類に球根が混ざってしまうことがあります。

馴化する時に、わからないとそのまま混ざった種類の球根と一緒に植えちゃうんですよ。

花が咲く時にわかります。

 

今朝、間違いがわかりました。


ヤマユリの中に混ざってます。

つぼみに色が付くまでわかりませんでした。

葉も形状が違うんですけどね。

 

こうなると、どこの産地のササユリかわかりません。

 

ん~~、残念!

 

カナデンセ

 

色付きのつぼみです。

 

この部屋の中には、気温のチェックだけを行うために入ります。

 

なので茎が倒れていることに気づきませんでした。

 

反省!!

 

カナデンセは、湿度を嫌いますね。

なので、この梅雨の時期に外に置くことはできません。

すぐにボトリチス菌に覆われてカビだらけになってしまいます。

 

このつぼみの色では、明日、明後日には咲くでしょう。

う~~ん、楽しみ♪

 

チビた鉛筆とマドンナリリー カスケードストレイン系の種です。

 

5月中旬に受粉させたものがここまで育ちました。

 

順調です。

 

 

そして、ヤマユリの蕾。

こちらもそろそろ開花しそうですね。

 

2020年6月11日

キヒメユリの開花

 

 

関東地方の梅雨入りが宣言されましたね。

今年は、オホーツク海高気圧が張り出してないようなので雨が降らないときはしっかり晴れるようです。

晴れると暑い、雨はシトシトではなく激しく降るらしい。

困るなぁ、梅雨はシトシトと降って欲しいし、梅雨寒も欲しいですよねぇ。

 

さて、ユリです。

花が咲きます。

思わぬ花が咲きました。


キヒメユリですね。

小さくて可憐な花です。

まだ、1輪だけの開花ですが花を見られるのは嬉しい♫

 

 

ササユリ 南伊豆産

 

花粉の色は明るい茶色

 

花びらは、薄いピンク。

 

なんとなく、花びらが波打ってますね。

 

 

 

今朝咲いてました。

 

ヤマユリ 桜山産

 

開花はもう少し後かなと思ってました。

嬉しい驚き。

 

 

いよいよ、ヤマユリの開花シーズンですね。

株は小さいので、事務所へ花だけ持ってきてしまいました。

 

これからは、悲しい症状を見てください。

先週土曜日から月曜日まで、ユリを見て回ることができませんでした。

雨は降らないし、気温は高いしで水枯れを起こしてしまいました。( ;∀;)

ごめんなさい です。


茶色く変色変色したところが水不足で葉が枯れてしまった箇所です。

左は ヤマユリ    右は サクユリ

サクユリは、つぼみを2個枯らしてしまいました。

ごめんなさい

                           ウケユリ

つぼみがたくさん付いてます。

球根の消耗を減らしたいので、いくつかつぼみをもっと小さい段階で取ってしまいました。

楽しみですよねぇ。♪

 

まだまだ、ユリの開花シーズンは続きます。

 

2020年6月9日

タケシマユリの開花

 

今日も暑いですね。

九州では、35度を記録したようです。

小田原でも30度を超えました。

 

まだ、6月だよぉ~。

ぐちをこぼしたくなります。

 

それでも、自然界ではいつものように花が咲いてます。

高冷地では、タケシマユリが咲いてました。

 


タケシマユリの香りは、、、、、、、

あまり良くありません。

んんんん~~

好きじゃないなぁ。

虫媒花なので、人間にとって良い香りでは無いんですよね。

 

もう一つ、花が咲いてました。

系統的には同じ系統です。

 

 クルマユリ

タケシマユリと花形が似てますよね。

タケシマユリの花びらは厚いんです。

クルマユリの花びらは薄いですが、咲き方が似てますね。

 

受粉させたいんですが、咲いている花はこの花のみです。

あとは、つぼみ。

花粉をとってきました。

つぼみが咲いたら受粉させましょう。

 

クルマユリのつぼみです。

 

2020年6月5日

今日も蒸します。

 

こんにちは。

まだ、6月も始まったばかりなのにこの気温、疲れますねぇ。

7月、8月はどうなっちゃうんだろうって思います。

 

さて、泣き言を言っても花は咲きます。

 

今日は、これから咲くユリのつぼみを見てください。

 

 

イワトユリ

 

つぼみがぎっしりとついてます。

この株は、昨年馴化を始めたものです。

最初から勢いが良くて、1年目なのにこんなにつぼみを付けてくれました。

 

キヒラトユリ 岩清水

 

先日「日本のユリ」という本を読んでまましたら、昭和40年頃 このユリは幻のユリと呼ばれていたとか。

 

「珍しいんだ!」と驚きました。

もっと大事にしなくちゃね。

 

 

オウゴンオニユリ

 

珠芽、葉、つぼみです。

来月には花が咲きますね。

 

こぼれた珠芽が周りで芽を出してます。

こぼれ珠芽からは、3年経たないと花は咲かないとか…………

 

早く、たっくさんの花を咲かせたい!

 

 

カナデンセ

 

今年、咲きそうな株はこの株だけです。

あとは、高冷地にあります。

花が咲いたら、花粉を残しておき、高冷地の花に受粉させましょう。

 

花粉、なくさないように注意しなくちゃ。

2020年6月4日

暑い日が続きます。

 

3日は暑かったですね。

ユリは涼しい場所を好みます。

それぞれ、涼しい場所を探して、遮光ネットをかけて、涼しくなるようにしてますがね。

それでも、今年の夏は大丈夫だろうかと心配になります。

 

さて、さて、ユリの花は咲いています。

上の写真を拡大したものが、下の写真です。

可愛いですね。

花が小さくて可憐です。

 

ヒメユリは、割と多くの種類があります。

朝鮮ヒメユリ・土佐ヒメユリ・阿蘇ヒメユリ・みちのくヒメユリ・黄ヒメユリ

 

この花の前に、黄ヒメユリがおいてあります。

こちらは、まだつぼみ状態です。

咲いたら、UPします。

 

 

ササユリ

 

護摩壇産 ササユリ

 

花粉の色が朱色

 

昨年も見ていただきましたが、今年も見てください。

ここは、日陰なので少し色が薄くなる傾向になるようです。

もう少し、日差しのある場所へ移動させましょう。

 

ササユリ 西吉野産

 

上の写真は、西吉野産のササユリ全体です。

 

花が咲いたもののみを写してますが………


マドンナリリー カスケードストレイン系の種がついてます。

しっかりと受粉させたものと受粉させなかったもの。

でもねぇ、この中にどれだけ播種できる種があるかは??

秋になって、莢を開けたらしっかりと胚乳があるものは少なかったりします。

がっかりですよ。

 

今は、花を確認して受粉をさせることと、種の付き具合を確認することが重要な作業になってます。

ブログに写真をUPするのも大事な作業ですよ!

 

2020年6月2日

開花したユリの花

 

6月ですねぇ~。

 

ユリの花は、順々と開花してきています。

 

ちょっと、大きめのサイズでUPしますね。

マツバユリですね。

1輪は毎年開花してくれます。

2輪以上を1本の茎から咲かせるのが難しいです。

 

 

マツバユリの葉です。

葉が松の葉に似ているから「マツバユリ」

確かに!

上の写真は、エゾスカシユリ

下の写真は、ヒメエゾスカシユリ

花の向きは違いますが、背の高さの違いがわかります。

でも、花は同じです。


            エゾスカシユリ                     ヒメエゾスカシユリ

 

タケシマユリのつぼみがだいぶ膨らんできました。

来週あたりは開花でしょうか。

 

匂いは良いとは言えないですが、花は好きなユリです。

 

 

 

 

つぼみが色付いてます。

今週末には咲きますね。

 

 

タケシマユリで困ること。

花粉が中々受粉してくれません。

ハウスの中だからか…………

それとも、種類????

 

 

とにかく、種が取りにくい種類です。