2020年12月26日

暮です。

 

ガーデンでは、昨日が仕事納めでした。

今日は、数人が出社して洗車をしたり、植物の様子を見たりしてます。

今年も終わりです。

でも、でも、ユリの植え替え作業は終わりませんでした。_| ̄|○

 

ハカタユリが植えてある箱。

 

 キバナキカノコユリが植えてあります。

イヌタデの残骸が………

 

アカカノコユリが植えてあります。

ここでは

カエル

カナヘビ

が冬眠してます。

掘り上げられないなぁ………

 

キヒラトユリがあります。

ちょっとデリケートなキヒラトユリ。

草を取ることが出来ない。

 

 

大雨が降ると地面がぐちゃぐちゃになるので、不要な鉢を使って底上げをしてます。

まだ、ここには植え替えた鉢が何も置けてない………

 

悲しい…………

 

エヘン!

これだけは植え替えました。

 

 

 

って、これだけだよ。

少ないよねぇ。

 

 

えらぶゆりです。

12月初旬までは、順調に生育してました。

半ばからの気温が下がってしまったために生育が止まってます。

 

頭だけ見えている子がいます。

寒いんだろうね。

一番右側の上に2個、頭が見えてます。

ひめゆりが莢の中で発芽を始めた種。

まだ、こんなです。

春は遠いねぇ。

 

このマドンナリリーは、球根が緑色。

葉色も緑色。

 

右側が上の写真の株です。

その他の株は濃い緑色。

 

何なんだろか??

多分は、花はマドンナリリーだと思う

けどね。

不思議だ。

 

今後の観察が重要!!


師匠から頂いた、発芽済みの種子のその後です。

 

この部屋は、暖かいので芽を出し始めてしまいました。

無加温ハウスですが、最高気温 25度、最低気温-4度程度です。

暖かいのが勝ってしまうんですかねぇ。

葉が出てきてしまいました。

 

春まで、気温を上げず、下げすぎず、大事に大事に見守りましょう。

 

 

今日が今年最後の「ユリブログ」です。

 

1年間、お付き合いいただきありがとうございます。

もっと、もっとUPしたいことは多くありますが、なかなか出来ておりません。

それでも、多くの皆様に来ていただきありがたく感じてます。

 

来年は、もっと多くの種類をご紹介出来るよう努力します。

 

皆様、良いお年をお迎えください。

2020年12月21日

ようやく…………

 

今朝の平塚は寒かった。

日中、球根の掘り上げ作業をしました。

日陰は、一番上にあるバーミキュライトが板状になってます。

 

今日は、冬至。

冬が始まったばかりなのに。

まだまだ、寒さはこれからですよね。

 

さて、タイワンカノコユリの球根を掘り上げました。

オドロキです!

 

まずは、見てください。

 


師匠から頂いた、発芽済みの種子のその後です。

この部屋は、日中暖かいんです。

最高、25度まで上がる日があります。

最低は-4度まで下がります。

でも、暖かいほうが勝るのでしょうね。

芽が育ってしまいました。

 

大事にせねば!

萌芽が始まってます。

しかも、芽が長い!

10cm近く伸びてます。

 

うっかりして、芽を1本折ってしまいました。(涙)

ねっ、ねっ。

もう、がっくりです。

注意してたのに…………

 

この球根は分球してました。

 

タイワンカノコユリ、結構丈夫で育てやすいと感じます。

ほとんど、何もせず。

放置してます。

それでも、球根は育ってますし。

1球、大きいのがありました。

直径5cmくらい。

写真には写ってないですが。

 

今回、掘り上げたのはユリ友さんへ送ってしまいます。(全量)

来年、花は見られないです。

 

皆様、申し訳ない。

2022年用の球根は育ってます。

2年後を楽しみにしてください。

2020年12月19日

葯培養

 

 

今週は冷えてますね。

ガーデンの一番涼しい場所の最低気温がマイナスになりました。

今年は、日本海側で大雪が降ってます。

昨シーズン、暖かったので今年の寒さが身にしみます。

 

さて、今年6月に行った葯培養の継代を行いました。

立派に球根になってます。

以前にも何回かUPさせていただきましたが、今回は瓶から出してシャーレに置いたものです。

見てください。

ベニスジ ヤマユリの葯培養です。

「雌しべ」を培養して出来た球根です。

はっきりと雌しべってわかりますね。

 

こちらも「雌しべ」です。

カルスが出来て、中央に球根。

手前にゼリーのようなものは培地です。

 

「雄しべ」から出来た球根です。

たまたま、この個体が小さいだけで、雌しべから出来た球根のサイズまでの大きさのものもあります。

写真を写しそこねました。

 

新しい培地に移し替えて球根が肥大し、木子も出来てきます。

半年後には、立派な球根が出来ていますよ。

そしたら、取り出して、冷蔵保存を2ヶ月程度して土に植えます。

2022年には、うまくしたら花を見ることが出来るかも!です。

 

秋から春にかけては、球根の植え替え、培養球根の継代などを行ってます。

球根の植え替えは、まだまだ半分も終わりません。

年が変わっても植え替えてるなぁ…………

 

がんばりますね。

 

2020年12月12日

えらぶゆりの萌芽

 

12月も半ばになります。

いつも以上に時間がすぎるのが早く感じてます。

球根の植え替えは遅々としてます。

掘り上げて休んでる球根がいくつもある~~~っ。

今年中に植えなきゃ。(´・ω・`)

 

秋にユリ友さんから送っていただいた「えらぶゆり」が萌芽してます。

 

ユリ友さんから、九州のえらぶゆりの萌芽状況を写真でいただきました。

その違いにびっくり!

見てください。

まだ、芽がポチッと見える程度。

やっと頭が出てきました。


大きく育ってますね。

球根を植えた時間差は1ヶ月はないと思います。

すごい差です。

 

ちなみに、軒下に植えてあるそうです。

こちらは、南向きの場所に植えたそうです。

 

今秋、購入した球根の鱗片を外して繁殖した苗達。

繁殖を始めて、2ヶ月くらい?3ヶ月かな??

でも、すごい成長ですよね。

 

えらぶゆり、成長力が強くて、高温にも強い。氷点下にならなければ大丈夫って、、、、

今後の日本の気候に十分耐えられるユリですよね。

色幅が増えたら、海外のブランドに太刀打ち出来るかも……………

なんて思っちゃいます。

 

ユリ友さん、交配を始められるそうです。

結果が楽しみですね。

2020年12月4日

この種類もだ…………!

 

流石に12月になると、日々の過ぎていくのが早いと感じます。

球根の掘り上げ、遅々として進みません。

しかし!毎日少しずつ掘り上げている中に、例年との違いが鮮明な気がします。

 

それは分球が早いこと。

まだ、分球するサイズではないはずなのに別れてる。

大球を作りたいと努力しているのに、掘り上げてみると分球というのは悲しい。

左右の球根のサイズは同じくらいですが!

右側は分球してますね。

これが残念!!

 

ちなみにこの球根は「オウゴンオニユリ」です。

こちらの球根の左右同サイズなのに、片側は分球してます。

 

この球根は、3球に別れてます。

 


オウゴンオニユリは、珠芽がこぼれ落ちて小球ができます。

なので、オウゴンオニユリが植えてあったあたりにはこのような小球が多くできています。

 

だから、球根数は多い。

 

でもねぇ、、、、大球を作りたいのです!

夏の気温をできるだけ下げられるように考えなくてはなりません。!

2020年12月2日

カエルが……………………寝てる。。。

 

今日は、12月らしい気候です。

寒い。

12月になって、冬らしい気温になったと感じます。

毎朝、ユリをおいてある場所に地温、気温をチェックしてます。

12月になってからは、気温、地温、ともに一桁になりました。

寒いはずですねぇ。

 

さて、今朝ユリの球根を掘り上げようとしたときに、草の影にカエルがいました。

そっと触れても動きません。

寝てしまっているのでしょうね。

土をかけておきました。

発泡スチロールの箱は温かいのでしょうね。

全く動きませんでした。

 

ウケユリの植えてある箱を3箱掘り上げてみました。

今年は、種を付けた球根が4球あって、可愛そうなくらい小さくなってました。

命を削っても、種を育てるんですね。

 

ありがとうございます。

3箱目に掘り上げた球根たち。

下側にあるのが、種を付けた球根です。

左の写真を大きくしました。

茎のついている球根が種を付けているもの。

左側は木子です。

大きさがあまり変わりません。


上の写真は、高冷地で取ってきたタケシマユリです。

先月の写真で、「萌芽の準備が始まってます。」と伝えましたが、出てきちゃいました。

気が早いなぁ。

きっと、春まで少しずつ動いて行くのかな。

今後、注目していきます。

今年、初めて「えらぶゆり」を植えてみました。

九州の「ユリ友」さんが送ってくださいました。

九州は、11月に芽が出たと連絡をいただいたんですけど、神奈川は1ヶ月位遅れてます。

寒さには強いらしいです。

 

えらぶゆりも注目していきます!

 

今年始めて取れた種に「ロストルニィ」があります。

この種、面白い頃に形が他の種と違います。

袋状になってました。

種に厚みがあるのがわかりますか?

ぺったんこではないですよね。

ユリの種が、こんな形になっているのは始めて見ました。

まだまだ、知らないことが多いと感じます。