2018.5.28

その後

 

本日2回目のUPです。

松の光は土曜日に写した写真でした。

今日は、こんなふうに変化してます。

 

そう、手毬咲きなんですよね。

光沢のある赤い色、手毬咲き、かわいい要素満開ですが、「日本のユリ研究所」の師曰く、育てにくい。

そうなんです!

気難し屋さんです。

 

夕方、顔を見に行ったらヒメユリが咲いてました。

2018.5.28

 咲きました!

 

松の光が咲きました。

6日に咲きました。

 

まずは、見て下さい。

花の大きさは、10㎝程度でしょうか。

印象としては、ヒメユリの大きいバージョン。

でも、赤い色が輝くような感じです。

 

たまたま写した、ミチノクヒメユリと一緒の写真です。

つぼみを長い間見ていただきましたが、つぼみは下向きでしたね。

花も下向きに咲きます。

上の写真は、上向きにして写したものです。

 

 

高冷地の花にも変化がありました。

 

ヒメエゾスカシユリ

2輪開花中です。

受粉をしたいのですが、この花には雌しべがありません。

残念!

来年、もっと多くの花を咲かせましょうね。

 

タケシマユリ

咲き始めました!

タケシマユリの香りは、虫媒花なので人間には良い香りには感じません。

むしろ、臭くて嫌な香りです。

でも、花は小ぶりでも豪華に咲いてくれます。

毎年、毎年、ありがとうねぇ

 

今年は、例年よりも少し多くの花を紹介できると思ってます。

楽しみにしてくださいね。

2018.5.24

まだまだ……

 

「松の光」の開花を毎朝期待しながら見に行きますが………

まだです。

もう咲きそうと思うえるんですけど、毎日蕾の色が濃くなるだけです。

色の変化も大事なことなんでしょうね。

でも、みたいなぁ~~~

 

つぼみの色、見て下さい。

マドンナリリー カスケードストレイン系の花も終わりです。

5月16日に受粉させたものが、膨らんできました。

これからは、種の膨らみが気になっていきます。

この他にも。

10個くらい受粉させてます。

 

今日は、ラボの観察にも行ってきました。

興味を持ってみてもらえるかもしれないのでUPします。

 

ササユリと言っても、もっと産地によって種類が分けられます。

綺麗でも、デリケートなもの。

丈夫で、美しいもの。

何年か育てているうちに、姿が変わってきてしまうもの。

 

面白いです。

 

まだまだ、ササユリはあります。

護摩壇ササ、このササユリは美しいそうです。

昨年土に植えてます。

来年、花を見られるといいですねぇ。

日向ササユリは、多くの方がご存知と思います。

大振りな花びらを持ってますね。

 

広島ササユリは、福山ササユリです。

可憐で、デリケートなユリです。

今年も、茎を伸ばしてますが花はつけてくれません。

 

南伊豆ササは、花弁の色が濃くて好きなササユリの一つです。

和歌山ササユリは、花粉が黄色。

ピンクと黄色のコントラストが美しい。

14種類あります。

日本中を探したら、もっといろんな地域のササユリがあるのでしょうね。

しかし、昨年あった場所に今年は見えないという話を聞きます。

種の保存は急務ですね。

2018.5.23

咲いた!

 

ヒメユリです。

松の光は、まだでした。

 

フレッシュですね。

咲いたばかり。

ヒメユリは可憐です。

このヒメユリは、ミチノクヒメユリといいます。

かつては、秋田ヒメユリと呼ばれた時期もありました。

福島県、山形県、秋田県、青森県に自生していたようです。

明るい黄色、可愛い花です。

 

2018.5.22

ホッ、まだだ。

 

毎朝、昨日のつぼみはどうかなと思い観察に行きます。

今朝は、「松の光」が咲いてしまったかとても気になりました。

 

まだ咲いてません。

しかし、蕾の色がはっきりと違ってます。

明日でしょうかねぇ。

ドキドキします。

「松の光」に注意を向けていたので気づかなかったんですけど。

後ろ側にある「ヒメユリ」のつぼみも育ってました。

こちらも、開花は近い!

今週中には花を見せてくれそうです。

 

6月に入ったら、もっと多くのユリが花を見せてくれることでしょう。

楽しみです。

 

さて、昨日ご紹介しました「タケシマユリ」の紅花を欲しいとおっしゃる方がガーデンにお見えになりました。

 

只今、開花中で来年、胚珠を培養しようと思っているのでお断りいたしました。

「タケシマユリ」の紅花は、「ベニスジヤマユリ」と同じように突然現れる花色です。

なので、種を播くだけではこの色は出現しません。

つぼみの胚珠を培養し、球根体を出現させて親と同じを細胞を育てて作っていかなければ出来ない色です。

 

自然界に偶然現れた、珍しい色や形を保持するためには、培養という方法は非常に有効な手段となります。

2018.5.21

咲いちゃった………

 

前回のブログに明日には咲いてしまうと伝えたマツバユリとタケシマユリ、咲いてしまいました。

昨日の朝には開花したようです。

 

今朝の花です。

見て下さい。

う~~ん、何回見ても濃い色ですねぇ。

本来のタケシマユリは、明るいオレンジ色なのに。

 

 マツバユリ

小さい花です。

可愛い花ですね。

 

2.3日中に咲いてしまいそうなつぼみがあります。

注意深く見ていかないといけませんね。

松の光

 

開花直後をしっかりと見るぞぉ!

 

2018.5.19

咲いてしまう……

 

昨日までは、色の変化もなかったマツバユリの蕾に色がついてます。

明日には、咲いてしまいそうです。

うっ、うっ……

開花直後の花を見ることができそうもない。

 

残念です。

 

昨日の写真と比べてくださいね。

昨日は、色などでていなかったんですよ。

変化は急にやって来る……かな。

 

そして、タケシマユリ 紅花も明日咲いてしまいそうです。

花びらと花びらの間に隙間ができていきています。

こちらも、開花直後を見られそうもない。

残念!

サクユリのつぼみです。

いつも不思議に思うのは、天辺のつぼみは上を向いてますが、下の2個は横を向いてます。

そう、ある程度のサイズになると自分でつぼみの向きを変えます。

どのユリもそのような変化をします。

 

ヒマワリも同じ動きをしますね。

 

このような変化を見ると、自然とは不思議ですごいものだと感じます。

 

サクユリの花は、6月下旬ころから見られるでしょう。

今年は、蕾の数が多くなってるので豪華な花を見られます!

楽しみです。

2018.5.18

暑いぃ~~

 

年々暑くなるのが早く、しかも高温になっているような気がします。

気のせいだけならいいんですけど………

 

さて、今朝のユリたちです。

少しですが、変化が起きてます。

じっくりと変化を見てやって下さい。

先日紹介しましたキヒラトユリ。

先日、ここにUPした時は葉枯れ病が発症していた株がありました。

その後、トリフミン、トップジンMを散布してこのくらいに落ち着きました。

最初の症状を写真に収めておくべきだったと反省してます。

 

いやいや、こんな症状を出すようでは行けないですよね。

お恥ずかしや………

先日、焼いてしまったユリです。

焼けた部分のは落ちてしまいました。

つぼみを囲んでいた葉もなくなって、寂しいつぼみ。

このつぼみも、落ちてしまうかもしれません。

他にも、同じ株がありますがこの子が一番被害を受けてます。

 

とても、残念。

マツバユリのつぼみです。

開花は近いと感じます。

タケシマユリ 紅花

色が変わってきました。

 

うう~~ん、開花は近い!

松の光 つぼみ

萼の付け根当たりが赤く変色を始めてます。

写真ではわかりにくですね。

来週が楽しみです。

ハカタユリです。

昨年末に球根を土に植えました。

まだ、馴化1年目。

もちろんつぼみはついてません。

非常にデリケートなユリなので、無事に開花まで持っていけるか自信はないです!

 

でも、今のところは元気に生育してくれています。

うれしい。

ベニスジヤマユリ

毎年、ご注文をいただき販売してしまうので花が咲きそうな株はこれ一つのみ。

今年は、販売は難しいですね。

申し訳ない。m(_ _)m

クルマユリ 朝鮮半島産

つぼみがだいぶ育ってきてますねぇ。

日本のクルマユリとは、葉の形が違います。

花の形はどうなんでしょうね。

開花が待たれます。

2018.5.17

ショック

 

本日、用事があって急遽高冷地へ行ってきました。

 

とても、残念なこの花。

もう少し、後になってから花が咲くと思っていた私のミスです。

深く、深く反省です。

 

その写真がこちらです。

中心にいる青虫が花びらと雄しべと雌しべを食べてしまった!

もう、非常に残念です。

すぐに、オルトランの粒剤をまいてきました。

でも、次のつぼみを見る頃にここへ来ることは出来ないので、完全な花をアップ出来ないかもしれません。

次の蕾。

来週には咲いてしまいますね。(T_T)

ヒメエゾスカシユリは、このくらいです。

対象のスマートフォンはHTCの製品で大きめです。

高さは15㎝。

低いですね。

上の写真はヤマユリの咲き方の対比です。

例年、紹介してますが改めて見て下さい。

上は、早咲きのヤマユリ、6月中旬ころには咲きます。

   しっかりとつぼみが見てます。

下は、1ヶ月位遅れて咲くヤマユリ。

   まだ、つぼみが見えてきません。

 

下のヤマユリは、ベニスジヤマユリ、サクユリと同じ頃に咲くことになるでしょう。

これは、サクユリの芽が動いた事を示します。

右側の茎は昨年の茎の後。

左側は今年、萌芽した新しい茎。

ユリは、同じ場所から芽を出すことはありません。

はっきりと分かりますね。

タケシマユリのつぼみです。

5月12日の写真と比べだいぶ膨らんできています。

タケシマユリの開花を見逃さないように注意します。

 

2018.5.16

驚き!

 

毎日、ユリを見回ってます。

発見が毎回あります。

うれしいですねぇ。

 

今日の発見です。

キヒラトユリ 学名 Lilium leidhtlinii

コオニユリの黄色変種になります。

暑さ、寒さに強いのですが、ウイルス病、葉枯れ病には敏感なユリです。

今までは、うまくいってるなぁと思うと消えてしまったりしていました。

今回は、ここまで育ってくれてます。

しかも、真ん中に見えるのはつぼみ♪

楽しみが、また一つ増えましたねぇ♬

2018.5.15

マドンナリリー

 

昨日、県の施設へ搬入したマドンナリリーの様子を見に行ってきました。

やはり、力不足を感じてます。

鉢数が少なかったなぁ。

ボリュームが…………

と、落ち込んでいる場合ではない!

来年は、今年の5倍は展示させてもらうぞ!!

と、今から決意してます。

 

今、さかりのマドンナリリーを見て下さい。

色んな表情をとらえました。

県の広報担当の方も、花びらと花粉の色のマッチした感じに驚いておられました。

一般の方も、足を止めてくださってありがたいかぎりでした。

 

さて、今日のユリの表情を見て下さい。

 

松の光の蕾です。

下に下がるようになってきました。

少しですが、色づいてきました。

ここまで来ると、開花は近いですね。

タケシマユリ 紅花

こちらも、つぼみは進んでます。

来週末ころに開花するかなぁ~

こちらはサクユリです。

じっと見て下さい!

つぼみが5個ありますよん。

開花が今から楽しみです。

じっくり、じっくりと育ってくださいねぇ~~

今年最後のイワユリ。

この花少し変でしょう。

じっと花を見て下さい。

雌しべがありません。

 

イワユリは、結構このような花が咲きます。

不思議です。

悲しい!

このユリは絶滅危惧種。

栽培を初めて、やっとここまでたどり着いたのに。

平塚で花を咲かせるために努力してきたのに。

 

葉焼けをさせてしまいました。

他のユリたちは何も起きてません。

この子だけ。

すぐ近くにも、同じユリがあったのにこの子だけ。

ダメージが大きいな。

 

ショックです。

2018.5.12

高冷地より

 

今日は、薫風かおる5月そのものの1日ですね。

高冷地のユリがどんなになっているかを観察に行ってきました。

3月以降、観察に行ってませんがそろそろタケシマユリのつぼみがみられる頃だなとは思っていたんです。

やはり、膨らんでました!

こんな感じです。

毎年毎年、変わらずに花を見せてくれます。

元気でうれしい!

 

例年と比べて、株の育ち方が違うと感じました。

何故か?

 

思うことはただ一つ。

冬の間、観察に行くと土の表面に水をまいてました。

地上部が見えなくても、この場所にはあのユリの球根があるはずと思いながら。

「水分が多いと球根が太る。」事は知ってましたが、そのとおりと改めて実感しました。

逞しさを感じる「イワトユリ」です。

茎も太くて、驚きました。

 

株が太ったと感じた「ロストルニイ」です。

対象物がないので写真ではわかりにくいですかね。

 

そして、とても嬉しかったのは「ヒメエゾスカシユリ」につぼみが3個もついてました。

こんなにはっきりとつぼみをみられるのは初めてです。

はい、3個の蕾ですね。

花をみられるのは、今月下旬でしょうか。

楽しみです。

 

そして、昨年見ていただいた帯化したヤマユリの今年を見て下さい。

元のヤマユリに戻ってますね。

1年のみの帯化でした。

2018.5.8

寒い~~

 

日曜日は夏日だったよねぇ。

今日は、3月頃の気温に逆戻りしちゃってる。

この気温、ついていけないなぁ…………

 

でも、ユリは咲いてます。

少しずつ、少しずつ進んでますよ。

 

イワユリのその後です。

 

上の写真は昨日の様子です。

そして、今朝の様子。

花の数が増えてますでしょう。

うれしいですよね。

 

昨日の花は、花粉の受粉ができました。

今朝の花には花粉が流れてしまってありませんでした。

残念です。

 

そして、マドンナリリー カスケードストレイン系。

 

昨日の夕方、花が咲いているのに気づきました。

今朝は、既に3輪開花。

この花は、県の施設で展示していただく予定です。

少し、開花が早いなぁ。

 

雨が上がったら搬入します。

 

対象物であるマジックがうまく写ってないですね。

比較出来ないかな。

でも、花が小ぶりであることは解っていただけますかね?

いい香りです。

上の写真は昨日のもの。

下は今朝のもの。

あまり変化は見えません。

 

しかし!

肉眼では日々成長して見えます!!

 

2018.5.3

5月です!

 

こんにちは!

5月ですね。

そろそろ、ユリの開花がはじまります。

今年は、開花が早いと感じてます。

昨年は、16日頃に咲き始めた「イワユリ」が今朝咲きました。

春、急に開花が進んでしまったんですね。

動物による、いたずら騒ぎに気を取られていた結果です。

そうそう、その動物による被害ですが、ねずみ穫り用のノートを22枚設置しておいたところ7枚がなくなってしまいました。

おそらく、持っていったのでしょうねぇ。

今は、どうしているでしょうか。

幸いにして、一昨日より被害はでておりません。

 

 

イワユリは、まだまだ開花します。

動物による被害を一番受けたのがイワユリです。

これは、サクユリです。

奥の方につぼみが4個あります。

少しずつですが、つぼみ数を増やしてくれてますね。

これは、師匠よりいただきました「クルマユリ 朝鮮産」です。

今年、植込みをしたものです。

もうつぼみが付きました。

開花が楽しみです。

タキユリです。

今年も、県の施設で展示させていただく予定になってます。

昨年よりも多くの花が咲かせられるようにしました。

 

松の光です。

この時に、風が強かったのでボケてしまいました。

でも、つぼみは育ってます。

タケシマユリの紅花です。

つぼみが育ってますね。

 

これからは、どんどん開花が進みます。

気が抜けない2ヶ月になりますね。