2018.04.30

4月が終わる^^;

 

GWの真っ最中ですね。

休みを楽しんでおられる人も多いのでしょうねぇ。

残念ながら、ガーデンにGWはありません!

この時期は、めちゃくちゃ忙しい時期です。

最も、GWが終わる頃には一段落しますが。

 

では、今のユリを見て下さい。

 

4月23日ころから、小動物にユリを荒らされてます。

ユリが目的ではなく、ユリを植えてある発泡スチロールの箱が気になるようです。

 

ガーデンのユリは、師匠のご友人の進めがあり発泡スチロールの箱に植えてます。

結構、調子がいいんですよ。

 

その現状を見てくださいね。

 

 

 

球根を掘り出し、土を引っ掻き回し、箱の中はぐちゃぐちゃです。

その後、少しいたずらが変わっていきます。

上から順に、箱の側面を爪でひっかき始めます。

側面の底に穴をあけられてしまいました。

そこで、ネズミ捕り用のノートを置きました。

置いた翌日、犯人の足跡が!

大型犬くらいの足のサイズです。

 

腹立つぅ~!(#・∀・)

 

 

それでも、ユリは元気に育ってます。

(引っこ抜かれてしまった球根を除いてね。)

4月28日のイワユリの蕾です。

 

4月30日 今朝の状態

少しですが、つぼみの膨らみが進み、色が濃くなってきてます。

イワユリは、ユリシーズンのはじめを飾るユリです。

なので、毎年花を見せてくれるのがとてもうれしい。

 

カナデンセ( 学名 Lilium canadense )

ボトリチス菌に、非常に弱いユリです。

なので、これから気温が高くなり、雨後を注意しないと全滅になる危険性があります。

先週、予防のために微生物農薬を散布してあります。

毎週散布しなければいけません。

気が抜けなくなります。

松の光

前回、紹介したユリですね。

つぼみを持ってます。(*^_^*)

うれしい♪

 

タケシマユリの赤花

毎年顔を見せてくれてます。

大事に大事に育ててます。

(その割には、花数が増えないね。とおっしゃいますか?)

 

マツバユリ 学名 Lilium cernuum

このくらいまでは、育ってくれることが多いユリです。

しかし、夏の暑さが苦手で年々小さくなってしまいます。

アムール川等に自生するので、暑いのはイヤでしょうね。

なんとか、大きくしたいユリの一つです。

マドンナリリー カスケードストレイン系

上は、28日に写しました。

下は、今朝です。

蕾の状態が進んでますね。

 

マドンナリリー ストッカースフォルム系

 

つぼみのサイズが違いますね。

カスケード系が終わってから花を咲かせてくれます。

2018.04.14

三寒四温

 

こんにちは。

 

神奈川県の平塚市ではここのところ、風の強い日があります。

皆様の地域では、どんな感じでしょうか。

 

春は植物の生育が早く、ユリの育っている様子をお伝えしたいのですが中々出来ずにいます。

 

申し訳ない。

 

さて、昨日と今日のユリです。

 

 

カノコユリ系が順調に育ってます。

一つ一つのユリをじっくりと見るととてもおもしろい。

楽しい時間です。

 

 

タキユリです。

 

タキユリは、本来崖の上から下に向かって茎を伸ばし花を咲かせます。

なので、上の写真の右端のように茎が弓なりに育ちます。

ガーデンでは、南側の日当たりの良い場所で育てているのですが若い株は本来の形で生育します。

しかし、4年目、5年目くらいの球根は違うんですよね。

上の写真とはずいぶんと違う印象ですね。

それでも、花が咲きだすと花の重みで茎は垂れてきます。

 

面白いですね。

また、その頃に写真をUPします。

 

そして、茎の太さを見て下さい。

マッキーと比べるとまだまだの太さです。

マッキー並の太さになるように努力します!

 

ちなみに、シロカノコユリとアカカノコユリも見て下さい。

 

まず、シロカノコユリです。

真上から見たものと、真横から見たもの。

シロカノコユリは花色が白なので、茎も葉も色が緑色がうすいんです。

 

アカカノコユリと比べてみて下さい。

 

シロカノコユリと比べると逞しさを感じますよね。

色も、緑色が濃い目です。

マッキーと比べた茎の太さはこんな感じです。

今年の一番嬉しい事、それは「松の光」が育っていることです。

北海道農業試験場が育種したユリ。

美しい赤色の花を咲かせます。

長年、うまく育てられずに悩んでました。

昨年よりうまく育つ場所を見つけ、球根が年越しをしてくれてどんなになるかと思ってましたが………

 

まずは、見て下さい。

はい。

こんな感じです。

 

花を付けてくれるかは不明ですが。

また、後日UPします。

 

そして、もう一つうれしいこと。

それは、タモトユリが2015年より今年まで毎年萌芽してまして、今年は花を付けてくれるかなと思えるところまで来てます。

タモトユリは口之島では、日光をたくさん浴びて風の強い場所で育つと聞きました。

同じような場所を探して、ハウス外で育ててます。

元気ですね。

 

今年は、花を見せてくれますように (^O^)/

 

もう一つうれしい写真です。

毎年同じ写真でスミマセン。

 

イワユリのつぼみです。

今年も、早々に見せてくれます。

ありがたいことです。

 

昨年植え替えたからでしょうか、蕾の数が少ないと感じます。

しばらく同じ場所で球根を太らせましょう。

 

まだまだ、お伝えしたいことがたっくさんありますが、次回にします。