2018.11.30

ちょっと、驚きです!

 

6月に培養便より取り出した球根が!

9月下旬に土に植えて………

なんと!

11月に蕾を持ちました。

 

驚きです。

これから冬が来るのに!

なんとかして咲かせたい!

 

平塚の気温は

最低温度 5度から10度くらい

最高気温 20度から30度の間

これはハウス内の温度ですよ。

 

開花には、最低気温が足りません。

困りましたね。

 

このユリはウケユリです。

これは、11月20日の写真。

蕾は見えないな。

角度が悪いですね。

わっ!

蕾です。

 

大事にしましょう。

 

 

さて、今日はタキユリの球根を植え替えてました。

ちょっと前に掘り上げておいた球根を、大きさ別に並べて重さを測り植え替え。

 

今年は、高温が続いたためか球根がいなくなってしまったり、変な形に分球してしまったりとおかしいと思うことが多く感じます。

それでも、置く場所と植える容器によってはしっかりと球根を育ってくれていて嬉しくなりますね。

 

この球根は、145gありました。

卓球のボールが小さく見えますね。

ちょっと小さめ。

59g

 

開花球根を作り始めた頃は、60gを喜んでしました。

「こんなに大きくなった!」と嬉しく思ってました。

 

でも、今は60g小さいなと思ってしまう。

いけませんね。

初心を忘れてます。

 

反省!

もう少し小さめ40g

 

もっと小さめ。

34g

ちびっこたち

 

この子達は、もっと大きく育つようにします。

 

34gの球根でも、花が咲いてくれるので展示用の鉢に植え替えます。

来シーズンは、今シーズンと植え方、置く場所等を変えてみます。

どんな結果になるでしょうね。

楽しみです。

並べるとこんな感じです。

 

これで終わりではありません!

今回以上の量が、まだあります。

 

この中にわんさかとあります!

もう一仕事しなくてはいけませんね。

 

明日からは師走。

忙しい毎日になります。

今年中にできるだけのことをしなくてはいけません。

まだまだ、ユリの作業は続きます。

 

頑張らなくては!

2018.10.27

ご無沙汰しております。

 

すっかり秋になりましたね。

ガーデンは、只今秋出荷の真っ最中です。

 

もちろん、ユリさんたちも元気に生育してます。

「えっ。」

って思われますよね。

本来であれば、地上部は元気ですが少しずつ枯れていく時期ですから。

 

実は、6月にビンより出した培養球根を9月末に植え込みました。

只今、植えてから1ヶ月程度経過。

萌芽が始まってます。

 

すみません。

新しいカメラの調節がうまくできておりません。

非常に明るく写ってしまいますね。

本を購入いたしましたので、勉強いたします。(._.)

 

様々な種類のユリの萌芽です。

 

そのうちの一つにこんな感じの子がいます。

葉緑素がない!

困りました。

培養ビンの中では、斑入りとして球根ができたものなんです。

 

師匠に相談したところ。

「こんなでも、葉緑素があるものはある。うまく育つといいね。」

だそうです。

この部屋は、暖房設備はありません。

なので、氷点下になる時期は暖かい部屋へ移動して育ててみます。

消えてしまわなければいいのですが………

 

ちなみに、この子は「サクユリ」です。

元気で丈夫なサクユリ、元気に育ってくれるように努力します。

上の写真はヤマユリ。

下はキヒラトユリ。

低温感受性の違いでしょうか。

芽出しの速さが違います。

同じ時期にビンより出して、冷蔵保存時間も同じくらいです。

ヤマユリは、おねぼうさんですね。