2016年8月18日

始まってます!

 

いきなりで、なんだろうって思われますよね。

スミマセン。

 

マドンナリリーが起き始めてます。

そろそろ、植える準備を始めなくてはなりません。

 

どうして?

って思われますよね。

 

こちらを見てください。

ねっ。

新しい根が出始めてます。

もう少しすると,芽も動き出してきます。

球根がたくさんあるので、今から準備をしなくてはなりません。

 

 

 

そして、ロストルニイが咲きました。

残念ながら、一輪目は咲き終わってました。

キカノコユリが小さくなったような花ですね。

オレンジ色の可愛らしい花でした。

 

私が持っている本には原産地は中国ですが、自生地ではなくなりつつあるらしいと書かれていました。

 

申し訳ありません。

その本を、培養担当スタッフに貸してあるので確かめられません。

戻ってきたら、その記述部分をUPします。

こちらは「内田カノコ」

今週末には一輪目が咲きますね。

こちらは「シマカノコユリ」の名前で培養している種類です。

奥に見えるのは、内田カノコユリ。

 

こちらも、今週末には咲きますね。

こちらは、アカカノコユリの名前で栽培している種類です。

アカカノコユリ、内田カノコユリ、シマカノコユリ。

皆基本的には同じ種類の花です。

 

ただ、人間の手によって選抜されたものとそうでないものというだけのことですね。

 

花にとっては名前など、どうでもよいのだと思いますが…………

2016.08.11

山の日

 

新しくできた祝日ですねぇ。

山へ向かう車の列なのでしょうか、東名高速道路はいつもより普通車が多かった。

皆さん、お休みを楽しまれてるんですよね。

 

私は…………

ユリを楽しんできました!(エヘン)

 

ユリの花が咲く時期も終盤です。

今咲いてくれているユリを楽しまなきゃね。

 

カノコユリが咲きましたよ。

どぉぉ~~~~んとアップですね。

 

これは、ガーデンのアカカノコユリです。

 

種苗会社から購入した球根のアカカノコユリの良い物を選抜した

「内田カノコユリ」はまだ咲きません。

 

やはり、花の良いものなので時間がかかるのでしょうかねぇ??

 

前回もUPしましたが、タキユリの花。

アカカノコユリと比べて見ると、可憐ですよねぇ。

 

 

すみません。

逆さまですね。

 

クルマユリの朔果です。

 

は~~やく実ってくださいなぁ~~♫

ロストルニイの蕾。

 

あと少し。

もうちょっと!

 

う~~~~ん。

 

はやく見たい!

 

 

2016.08.04

暑中お見舞い申し上げます。

 

 

関西以西は高温が続いているようですね。

皆様、お元気でお過ごしでしょうか。

お陰様で神奈川県は、真夏日になる日は少なく過ごしやすい日々を送らせていただいてます。

申し訳なく思います。

 

さて、今日もユリの花を見てください!

 

かわいいですね。

鹿の子型に咲くユリ。

タキユリです。

只今、花盛りです。

ヤマユリも終わりです。

すべての花が咲きました。

「また来年咲いてくださいね。」と声をかけました。

 

Lilium lancifolium  オウゴンオニユリ

今では、オニユリと言うとオレンジ色の花が一般的ですね。

江戸時代には、こちらが主流だったとか。

時代とともに、人の好む花もかわるんでしょうね。

 

ロストルニイ

まだ咲きません。

もう少し、もう少し、、、、、

待ちくたびれてしまいます。

 

最後はこの花。

ベニスジヤマユリ

 

ちょっとくすんでます。

今日でおしまい。

あなたも来年、またお会いしましょう。

2016.07.30

夏全開!

 

昨日に続き、本日もアップいたします。

 

なにせ、ユリシーズンですので。

 

朝、高齢地まで行ってきました。

咲いてましたよっ!

ベニスジヤマユリ。

 

綺麗でした。

本当に綺麗。

 

 

やはり、鮮やかで豪華!

この紅色、綺麗ですね。

上は、今朝咲いたものでしょう。

下は、昨日かな。

色が微妙にくすんでます。

 

先日来より、ヤマユリの色の変化について気にしてます。

今朝見たヤマユリ、花びらが赤みかがってます。

これだけではわかりませんか?

 

では。

ね、ねね。

違いますよね。

 

もう少し、わかりやすくですか。

 

では。

右側の花びらが、赤みがかっているもの。

 

左側が、ふつうのもの。

 

先端に赤みが出てますでしょう。

 

 

イワトユリ

次々と咲いてます。

 

今日は、受粉をしてきました。

タネがついてくれるといいな。

サクユリ

こちらも次々と咲いてます。

今日は、花をむしって花粉の受粉を行ってきました。

この花も、すべてむしってしまいました。

ロストルニイ

 

少しずつ、蕾が育ってますね。

はやくさいて~~♫

 

そして、平塚で今咲いているユリ。

 

夕方写したので、全体にはっきりしませんね。

タキユリです。

上から下へ、流れるように花を付けてくれます。

 

来年は、もっと多くの花を見られるように努力します。

2016.07.29

あ~~つぅい!!

 

梅雨があけましたぁ~~~っ。

あつぅ~~~い。

日差しの強いこと。

はぁ~~

 

文句を言わずに、気持ちをしっかり持って行きます!

 

ヤマユリ、咲く場所によって違いが有りますねぇ。

今回、少しですがあちこちを見て感じました。

 

このヤマユリ、花粉の色が少し黄色いの。

群馬県富岡市の商店街に飾られていたヤマユリです。

大きめの花瓶にワサワサと入れてありました。

豪華で綺麗だったんですよ。

でも、目を引いたのは花粉の色。

私の知っているヤマユリよりも黄色くて鮮やかだった。

こちらは群馬県草津町に咲いていたヤマユリ。

斑点が濃いですね。

日陰だからでしょうか。

こちらも同じく、群馬県草津町のヤマユリ。

上のヤマユリから20m離れていたいところで咲いてました。

東南に面した場所にあり、陽をしっかりと受けていそうな場所。

花粉がまだ開いていないので色はわかりません。

 

 

面白いですね。

 

本日、届いた花友さんからの話では、ヤマユリはいろいろと変化があるそうです。

日当たり、高度、環境等の違いで変化するようです。

 

 

奥が深い。

 

サクユリが咲きました。

 

写真を見るだけで、花弁の厚さ、茎の太さが伝わる気がします。

 

存在感が有りますよね。

ベニスジです。

 

蕾に色がついてます。

写真では伝わりにくいでしょうか。

 

今日あたり咲いているだろうなぁ。

イワトユリ

 

オウゴンオニユリ

蕾が下向きになってきました。

もう少し。

 

早く咲かないかなぁ~~♫

2016.07.23

失礼しました。

 

前回、梅雨が開けたと申しましたが関東地方はまだでした。

失礼いたしました。

 

 

イワトユリが咲きました!

咲いたばかりのフレッシュな写真を見てください。

まだ、花粉も開いてません!

綺麗ですね。

 

花粉が開く、開かないってわかりにくいと思います。

上の写真は、開花直後でまだ花粉がない状態です。

しばらくすると、花粉のコナコナが出てきます。

それが、下の写真です。

パカって、雄しべが割れて色が違うのがわかりますよね。

もう少し時間が経過すると、雄しべ全体がコナコナになります。

 

そうすると、雌しべの先がペトペトして花粉がつきやすくなるんですよ。

 

本当に、植物ってよく出来てますね。

 

タケシマユリの朔果です。

しっかりとタネが入ってそうですね。

 

でも、中にはちょっと不安になるようなものもできてしまいます。

この朔果は上の朔がと同じ時期に咲いた花に受粉させたもの。

なんか、弱々しいですよね。

タネも、しっかりできているか不安です。

 

 

ロストルニイ

蕾が育って行くのがわかりますよね。

 

わかりにくいようでしたら、下の写真と比べてください。

 

ベニスジヤマユリの蕾。

 

こちらも、育ってます。

 

もう少し時間がかかりますね。

楽しみだぁ~~。

サクユリの蕾。

 

こちらも育ってますね。

ベニスジとどちらが早く咲くかな。

 

遅咲きのヤマユリです。

 

蕾が重そうです。

 

この花は、この後切ってしまいました。

培養担当スタッフへのおみやげにしました。

 

神奈川では、早く開花も進むので楽しんでもらいます。

明るい場所におくように伝えてあります。

2016.07.19

梅雨が開けました。

 

 

暑いでですね。

関東地方も梅雨があけました。

いよいよ、本格的にです!

 

その後のユリを見てください。

ヤマユリです。

 

7月12日に見ていただいたものと同じ。

育ってますね。

今週末には咲き始めるかな。

 

イワトユリです。

 

蕾に色がついてきました。

こちらも、今週中には咲きますねぇ

 

 

次はタケシマユリの朔果を見てください。

タケシマユリは受粉をしにくいユリとして有名です。

開花時に、10本以上花粉を付けましたが朔果になったものは数個。

それでも、落ちていく物がでます。

悲しい。

これは、一番しっかりしているもの。

多分、最後まで残って、タネがしっかり付いている朔果。

 

すみません。

ちょっとピントがボケてます。

 

上の朔果は、落ちてしまいそうな可能性がありますね。

下は、しっかりダメなもの。

 

「順調だな。」と思っていても、ダメになるものがあるので気がぬけません。

 

ロストルニィ

このような蕾が2個あります。

 

開花して、受粉もできる可能性がありますね。

どんな花かも楽しみです。

初めて見ることができる花。

無事に開花して欲しい!

サクユリです。

九州の花友さんと比べると随分と遅いですね。

気温の違いでしょうか。

開花まで、まだまだ時間が必要です。

こちらは、ベニスジヤマユリ。

こちらも、来週当りの開花でしょうかね。

 

おそらく、オウゴンオニユリと思われます。

雪でハウスが潰れた際、ラベルが何処かへ行ってしまったので花が咲かないとわかりません。

こちらも、開花が楽しみですね。

2016.07.13

弓なりの様子

 

昨日に続きUPします。

 

今週に入り、タキユリが開花しています。

まだ、続々というわけではないんですが。

 

全部が咲いたら見事だろうなと、今からワクワクしてます。

 

木の根元にプランターをおいています。

葉咲きが枯れているのは栄養不足です。

平塚でハウス外で栽培するのは試験的だったので、栄養素は不足気味で植えました。

 

可哀想ですね。

ごめんなさい。

 

タキユリは、こんな感じに腰を曲げてます。

直立にはなりません。

萌芽の段階から弓なりです。

 

周囲に何もないときれいな手鞠咲きになります。

翌週から翌々週あたりは見頃になるでしょう。

 

また、UPしますね。

 

乞うご期待!

2016.0712

次々と~~♡

 

ご無沙汰してます。

ユリの花が次々と咲いてきてます♫

嬉しですね。

 

では、ちょっと豪華に咲いたヤマユリです。

早咲きタイプのヤマユリです。

この写真は、7月2日に写したもの。

毎年、花を確認すると花びらは摘んでしまいます。

 

そして、花の写真はこちら。

私には、この花がヤマユリだと思ってました。

しかし、先日九州の方よりいただいた写真と比べ随分と違いがあることを知りました。

ヤマユリ一つでも、知らないことが多く無知を実感しましたね。

日本各地のヤマユリを調べなきゃと思うこの頃です。

 

これもヤマユリです。

遅咲きのヤマユリ。

毎年見ていると、早咲きと比べ一ヶ月は遅いですね。

 

ササユリです。

和歌山県産のもの。

 

可憐ですねぇ。

花粉の色が黄色いの。

ササユリも自生地により違いが大きいですね。

ササユリ

岐阜県産です。

これは、ハウス外に植えたものなので虫に食べられてます。

 

 

ううっ、ごめんなさいね。

Lilium rosthornii

ロストルニィ

 

中国四川省で発見されたユリです。

強健なユリだと書物には書いてありますが、ボトリチスには弱いと感じてます。

毎年、萌芽してくれましたが草が伸びてつゆを持つと消えてしまいました。

残った球根はこの子一人。

大事な子です。

しかも、蕾を持ってます。

開花するのは8月みたいです。

きカノコユリに似ていると書かれてます。

 

う~~~ん!

楽しみですね。

Lilium maculatum

日本名はイワトユリ。

しかし、この学名で呼ばれているユリはいくつか有ります。

イワユリと呼ばれている日本海側に自生しているユリですが、イワユリも同じ学名です。

 

イワユリは、5月27日に写真をUPしてありますので確認してください。

 

イワトユリとイワユリの違いは開花時期と葉ですね。

イワユリの葉は、硬くて照りが強いです。

 

このような話をすると培養スタッフが葉、花の一覧が欲しいと希望をくれました。

 

頑張って作ります!

もちろん、ブログ上にもUPするよう努力します!!

Lilium speciosum

カノコユリの一種です。

四国に自生するタキユリの名前で呼ばれています。

アカカノコユリは直立する茎を持っていますが、タキユリはしなやかに茎を弓なりにする傾向があります。

花も、アカカノコユリに比べ一回り小さく可憐です。

舞妓さんの花かんざしのように可愛らしい花です。

既に開花しますが、ばぁ~っと咲いている様子をUPしたいと思ってます。

できるかなぁ~~~

 

努力します。

休眠中のマドンナリリーの球根。

大きさが分かるように、ペットボトルと一緒に写しました。

まだまだ小さいですね。

しかし、秋に植え替え太陽光をたっぷり浴びるとドンドン大きくなります。

だから、今はお休み中です。

 

しっかり休んでいてくださいね。

これは、マドンナリリーの鱗片です。

気温が高い時期には木子を作ってくれるので土の上にばらまいておきます。

8月下旬には、かわいい木子ができています。

 

ありがたいですね。

 

 

久しぶりなので、ちょっと長文となってしまいましたね。

こまめにUPしなければと思いつつためてしまう………反省です。