2016.04.12

萌芽

 

4月も半ばになりました。

桜も終わってしまったところも多いのでしょう。

 

さて、ガーデンでのユリ萌芽も進んでいます。

先週末に高令地へ行ってきました。

昨年とは違い、楽しみな光景が見られましたので、皆様にも見ていただきたいと思います。

 

ヒメエゾスカシユリ Lilium dauricumum alpinum

もう、5年前から育てているんですが、いつも夏前にいなくなってしまいます。

昨年は、一輪花を咲かせてくれてようなんですけどね。

残骸しか見られませんでした。

うにゃうにゃと出てますよね。

ちょっと、期待をしてしまいます。

 

タケシマユリ Lilium hansonii

 

6月にオレンジ色の花を咲かせてくれます。

今年も順調に育ってます。

しかも、個体数も増えてきています。

もちろん、平塚でも育てていますが、高令地は植えておくだけでいいのでうれしいですよ。

ここの地面は、見ての通りいつも乾燥してます。

水を神奈川から運んでまいてます。

球根を太らせるためには水が必要なんですよね。

ロストルニィ Lilium rosthornii

 

このユリも、5年前からここにいます。

ボトリチスに弱いようで気温が高くなると朝露に濡れていなくなってしまいます。

それでも、やっとこれまでになってくれました。

その他の球根は、いなくなってしまったのでしょうかしらねぇ。

 

悲しい。

キカノコユリのような手鞠咲きの黄色い花をつけてくれるようです。

耐寒性、耐暑性共に優れているんですが、ボトリチスには弱いと思います。

今年、開花してくれることを祈ってます。

マドンナリリー Lilium candidum cv.Cascade Strain

 

マドンナリリーの中で、最も強くて成長の早い種類です。

蕾を持っています。

GW頃には咲いてくれます。

 

毎年、元気に花を咲かせてくれるのは大変嬉しいことですね。

 

今年は、例年とは違う方法で球根を育ててます。

この方法はいいようです。

 

もっともっと、皆様に花を見ていただきたいと精進します。

 

では、また(^_^)/~

 

 

 

 

2016.03.26

いよいよ、4月

 

3月も来週で終わります。

 

日本各地にあるユリも萌芽が進んでいることでしょうね。

芽を出すまでのドキドキする感覚は、なんとも言えません。

「芽を出さないな。死んじゃったのかな。」

などと思いながら、毎回水やりをしてます。

今日は、一つドキドキがなくなりました。

 

それは、「ウケユリ✕タモトユリ」が芽を出してくれたからです。

 

 

思わず、「元気だったんだね!」と声をかけてしまいます。

知らない人がいたら、なんて思われるでしょうか。

 

その他の元気なユリたちです。

度々ご紹介しているマドンナリリー。

 

もちろん、みんながみんなこんなじゃありません。

上の写真は、茎が伸びてきているもの。

下は、芽が育ってきているもの。

個体差はしっかりありますよね。

この子は外の樹の下に置かれている「ベニスジ」です。

こちらは、無加温のハウス内に置かれている「ベニスジ」です。

 

無加温でも、茎の伸び方は違いますね。

外においてある「タキユリ」です。

これからどんどん育ってくれることでしょう。

 

楽しみですね。

 

2016.03.21

うれしいプレゼント

 

今日は、彼岸の中日。

暑さ寒さも彼岸までといいますが、今日はちょっと肌寒い。

天気も曇ってます。

 

しかし!

気持ちは暖かいいんですよ♫

なぜかというとですね。

こんなお便りを頂きました。

はい、ジャーン。

宗像市にお住まいの方より送っていただきました。

カノコユリが宗像市の市の花として決定された経緯。

カノコユリの好適環境。

カノコユリの繁殖方法。

などが、書かれてます。

宗像市民の皆様、頑張ってらいっしゃいますね。

日本全国でこのような活動が活発になると絶滅危惧種にならずに済みそう。

私達も、努力しなければと改めて思います!!

さてさて、平塚で萌芽を始めているユリたちを見て下さいね。

先週末から今日までの数日で、無加温ハウス内のユリは背を伸ばしています。

外に置かれているユリは、萌芽を進めています。

春ですねぇ。

 

これはカノコユリの一種、タキユリの芽です。

上は、15日に写したもの。

下は、21日に写したもの。

多くの芽が出てますね。

昨年秋に、多くの木子ができてしまったので「えいっ。」とプランターにたくさんの球根を入れてしまいました。

深いプランターなので、「たぶん?」大丈夫??と思ってます。

 

 

次は、多くの人が希望されておられる「ベニスジ」です。

上が15日、下は21日。

この時期は、どんどんと伸びてくれますね。

生育が楽しみです。

 

 

そして、先週末に高冷地のユリを見に行ってきました。

道の端には、雪があったりして寒かった。

高速道路を降りたあたりの気温が13度。

ユリの植えてあるあたりは9度でした。

 

そこには、春一番に咲いてくれるタケシマユリの芽が出てましたよ。

元気で太い芽を出してました♪

上と下では株が違います。

下は、対象物が欲しかったので近くに落ちていた鉄パイプを持ってきました。

まだまだ、細い芽ね。

 

こちらも、時々アップしますね。

 

 

2016.03.11

マドンナリリー

 

こんにちは。

3月だというのに真冬並みの気温です。

ユリを栽培されている方!

ご注意ください。

先日の暖かさで、萌芽した株があると思います。

この寒さで、芽が枯れてしまうことも考えられます。

芽を保護してくださいね。

新聞紙をかぶせるも良し、藁等をかけるも良しです。

 

 

マドンナリリーも日本全国で雪が降った時に、地上部を枯らしてしまった方よりご注文を頂きました。

ありがたいような、困ったような複雑な気分になります。

 

皆様ご注意を!!

 

本日見ていただきたいのは、マドンナリリーの株です。

3月3日に写した画像がこちらです。

 

そして、昨日写したものがこちら。

角度が違うので、ちょっとわかりにくいかもしれませんね。

でも、茎が伸び始めています。

 

この種類は、4月下旬から5月上旬にかけて開花するマドンナリリー。

もう、茎を立ち上げ始めています。

来週、半ばになると気温も上昇すると予報も言ってますよね。

もっと、はっきりとした画像をお見せできると思います。