2020年5月30日

反省……………

 

今日は5月30日。

5月が終わってしまいます。

時間が経過するのは、早いと実感します。

1年の半分が終わりかけてます。

 

さて、昨日とあるメディアから問い合わせがありました。

ユリの写真が必要なので借りたいとのことでした。

探しましたよぉ。

でも、いいものが……………無い

常に花が咲くと写真は取りますが、とっただけで満足してました。

ただ単に記録だからと………………

考えを改めなければ生けないと強く感じます。

 

美しいユリの写真を写しましょう!

これからのテーマの一つにします。

 

 

シロバナササユリの花

 

その後、培養担当と相談しましたがどこで、どうして、こうなったかわかりません。

 

ピンク色のユリがシロバナになった。

 

環境的なものは考えられないので、タネが間違ったとしか考えられない。

 

でも、シロバナもキレイですよね。

受粉作業は、もちろんしてます。

タケシマユリの赤花

 

今年も次々に花を咲かせてくれましたが、終わりですね。

左にあるのは受粉をさせたもの。

タケシマユリの赤花は花粉の量が少なくて。

しかも、開花時期に雨がふったのでだいぶ花粉が流されてしまいました。

 

うまく受粉できていることを願います。


 

イワユリを受粉させたあとです。

左側は、受粉してませんでした。                 右側は、受粉してそうです。

しかし、気は抜けません。

虫が食べないように、しっかり栄養をやって無事にさく果が実るように見守ります。

ヒメユリが咲きました。

 

きれいな朱赤ですね。

小さなかわいい花です。


ともにヒメユリのつぼみです。

 

 左側 つぼみに毛がありません。               右側 つぼみに毛があります。

産地が違います。

まだしっかりと調べてないので、ここに書くことは控えます。

 

今年も、ヒメユリの花が目を楽しませてくれそうです。

2020年5月27日

咲いたけど……………ちょっと違う。。。

 

 

ササユリが咲きました。

嬉しいけど、喜べない。

産地の花色と違う。

なんでか?

どこかで間違ったんだよね。

 

どこでか。

考えてしまいます。

全てが疑わしく思えてきます。

 

花を見てください。

徳島県阿南市伊島町のササユリはピンクがもっと濃い色をしてます。

花びらの形状も違う。

 

そこで探しました。

同じ色、同じ形もササユリ。

近いものがこちらの写真

https://www.flickr.com/photos/i-naka-flowerwaterfall/4689590685/

 

糸魚川産 ササユリ

 

こちらも調べるとちょっと違うような気がします。

落ち込みますね。

 

 

 

マツバユリ

 

こちらは自信を持って紹介できます!

 

毎年、お目にかかりますからね。

 

いつもと同じ顔、ホッとします。

2020年5月25日

進むのが早い。

 

 

ユリシーズンになると、進み方が早くて、、、、

1日様子を見ないと、「あれっ、こんなに大きくなった。」と感じることが多い。

これから7月上旬までは、目が離せません!

 

では、今日一番の驚きです。

 

 

ササユリ 徳島県阿南町伊島産

 

14日の写真では、この半分くらいのつぼみです。

来週はじめには、咲いてしまいそうな雰囲気。

 

始めてお目にかかります。

どんな花か、楽しみです!

ササユリ 西吉野産

 

「もう、つぼみが重たい。」という声が聞こえてきそう。

 

昨年も、花を見ることができました。

 

今年も、見られることを喜んでしまいます!


 ヒメユリ

色が付き始めてますね。

こちらも、来週には花を見られそうです。

赤色の濃淡があって、見事な花です。

昨年は、色別に種をとって球根を作ってます。

まだ、馴化までは至っておりません。

色別に、分けて栽培ができたら面白そうです。

マツバユリ

 

なんと、つぼみを誰かに食べられてます。

腹立つなぁ!

オルトランをふってあるんですけどね。

 

そうそう、この球根は2019年2月に植えてあります。

 

2020年2月に植えた球根もあるので、高冷地に移動させようと考えてます。

 

もっと、大きく育てたい!

 

 

ここからは、高冷地のユリたちです。

 

エゾスカシユリのつぼみです。

今週末には咲くでしょうか。

 

平塚では、5月4日に花を咲かせてくれてます。

4週間くらい遅れていますね。

 

平塚で受粉させた種は、2個だめになってしまいました。

1個のみ、残っています。

種を付けたい!

 

 

ヒメエゾスカシユリの蕾たち

 

今年、平塚では1輪のみ開花しました。

1輪では、種が取れないので諦めていたんです。

 

よし、よし、これで種が取れます。

 

 

Lilium duchartrei       デュカルトレイ

 

中国四川省、雲南省、チベット西部に自生するようです。

標高が2300mから3500mの場所のようです。

 

これは、ロストルニーと一緒に7年位前に植えました。

いつの間にか消えてしまってたんです。

ここ2.3年芽が出るなぁとは思ってました。

もう少し!

花が咲くまで、あと1年?2年?かな。

なんでも、白色に濃い紫の細かい斑点が付くそうです。

 

見たい!見たい!絶対に花を見たい!

 

ふぁいとぉ~~

 

ロストルニー

 

だいぶ、育ってますよ。

年々、順調に大きくなってます。

 

今年の目標

種を取る!

 

ロストルニーの花は、ユリシーズンの最後の頃に花を咲かせます。

中々、種付けのタイミングが合わずに花が終わってしまうことがありました。

今年はしっかりとタイミングを合わせて、種を付けます!

 

こちらも、ふぁいとぉ~~


今年はユリの危機が起きました。

天井のビニールがやぶけ、周囲にはってある網を何者かが穴をあけて出入りしているようです。

おかげで、ユリにアブラムシが大発生しました。

右側の写真、タキユリですがアブラムシだらけです。

4月17日には気づきませんでした。

いつもと同じはありませんね。

常に、いつもとどこか違うと疑わなくてはいけないと感じてます。

 

もう、もう、もう コンチクショー です。

 

2020年5月22日

しばらく更新できませんでした。^^;

 

1週間のご無沙汰です。。。。

すみません。

ユリの花が咲くと、何かと忙しくて…………

 

その後、新しい花は咲きません。

でも、、、、、

こんなふうになると素敵ですね。

イワユリがだいぶ咲き進みました。

手前、右側は小球を植えてあるので、今年は咲かないですね。

 

この他にも、タケシマユリの赤花も咲きましたよ。

 

シロカノコユリのつぼみ

こちらはアカカノコユリの蕾。


タキユリのつぼみ

サクユリのつぼみ 5輪くらいあります。


ヤマユリのつぼみ

ヒメユリのつぼみ


この先が楽しみなくらい、つぼみを持ってます。

この他、お見せできないレアな花もあるんですよぉ!

うまく花を咲かせられるかが重要になってきますが………

咲いたら、ここへUPします。

楽しみにしてください。

 

 

2020年5月14日

今日も…………咲いたぁ~~♫

 

風薫る5月ですね。

湿度が低くて、風が気持ち良い今日です!

 

はい。

咲きました。

見てください。

 

昨日は、ほころび始めていたイワユリ。

しっかりと今朝開花しました。

その他の蕾たちはこちらです。

 

次々と花が続きそうですね。

しっかりと、交配して種を取らないと!

 

やることはたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

その他のユリです


 キヒラトユリ 岩清水  2017年に植えたもの           イワトユリ 2019年に植えたもの

まだつぼみは見えません。

キヒラトユリ、イワトユリともに開花は7月ですね。

 


  ササユリ イシマ産                   ササユリ 西吉野産

なんかいい感じに光があたってます。           2018年に植えたものです。

                            



 上の写真は・マドンナリリーカスケードストレイン系の親株候補

まだ、つぼみがあるので良い花を探します。

その他の花は切ってしまいます。

 

 

今日は、30本くらい切りました。

花は早く切り取って、球根を充実させたいので!

 

ハサミは、1本ごとに変えます。

今年のように、アブラムシがついてしまった球根があると健全な球根にウイルスがつかないように注意しなければいけません。

第三リン酸ナトリウム溶液にハサミは浸けてから使います!

刃物を使って、ユリを切り取るときには十分な注意が必要です。

 

ハサミの数は7本。

 切り取った花、10本を花瓶に生けました。

 豪華!

    良い香りが事務所中に充満してます。

    仕事がはかどるなぁ。

 頑張りましょう!!

 

 

2020年5月13日

花、花、花、花、つぼみ

 

今日も最高気温が30度近くになると予報で報道してました。

暑いねぇ~~

 

さて、マドンナリリーの咲き進んでます。

これからは、受粉をさせなくてはなりません。

 

花選びをしてます。

困ります、いい花が見つからない。


これらは全部、マドンナリリー カスケードストレイン系の花です。

美しい花を選んで受粉をしたいんですが、気になるところがあって花粉親として選べません。

困ってます!

 

まだ、つぼみはたくさんあるので時間をかけてえらびましょう。

 

昨日もUPした、カスケードストレイン系の帯化した花です。

咲き進んでますねぇ。

 

キレイですね。

満開になるとどんなかな。

 

連日、UPしますよ!

 

こちらも、カスケードストレイン系の帯化した花。

花茎が二首に別れています。

 

こちらの花は、ちょっとスリムですね。

 

どんなになるかなぁ~。


イワユリのつぼみ、ゆっくりと解けてきています。

開花は、明日あたりでしょうか。                イワユリの蕾たち。

                               次々と咲いてくれそうですね。

 

2020年5月12日

失敗 再び  (´・ω・`)

 

夏日の昨日は暑かった!

急に気温が高くなると、人の体もついていけませんが植物だってついていけないですよねぇ。

さて、ユリの花を見ていただきたいのですが…………

その前に!

恥ずかしい失敗を見てください。

 

マドンナリリーのつぼみです。

今年は、消毒してもアブラムシが消えなくてオルトラン粒剤をまいておいたんですが、量が少ないところにアブラムシがこのようについてしまいたした。

 

なんと、近くにある木にアブラムシが付いてました。

即消毒し、薬がかからない枝は切り取ってしまいました。

 

全く、お恥ずかしい。_| ̄|○

 

では、花の状況です。

見てください。

 

台湾カノコユリの蕾です。

5月1日に紹介しました。

その際、根本に肥料を入れたを報告しました。

ようやく少しずつ効果が出てきました。

葉色が濃くなってきてます。

 

うん、うん、いい感じ。


  11日 つぼみの状態                      12日 開花をはじめました。

この花は、タケシマユリ 赤花 です。

まだまだ、つぼみがあるので全て咲いたら豪華でしょうね。

楽しみです。

 マドンナリリー カスケードストレイン系 茎が帯化して花が2枝に別れた株です。

さすがに豪華ですね。

満開になったらどんなかなと思うとワクワクします。

この花は、マドンナリリー サロニカエ系 の花です。

カスケードストレイン系とかわらないと思いますよね。

確かに!

花、香りともに変わりはないです。

しかし、葉が違います。

カスケードストレイン系は、サロニカエ系と雑種の交配で作出された花です。

だから、あまり姿、香りに大きな違いはありません。

 

 

 

マツバユリ

つぼみがだいぶ大きくなってきてます。

来週あたりには開花してくれそう!

期待します。


イワユリ

11日 つぼみの様子。                    12日 つぼみの様子。

少しずつですが、色が濃くなりつぼみの膨らみが解けてきているように見えます。

 

こちらも目が離せない状況です!

 

楽しみが続くのは嬉しい。♫

 

 

2020年5月9日

失敗(´・ω・`)

 

マドンナリリーの花が咲き出したので、切りまして花瓶にいけました。

が……………………

やってしまいましたぁ…………

展示することがなくなってしまったし、部屋を明け渡さなければならなくなり…………

まぁ、入れられる部屋へ移動しましょうと倉庫のような部屋へ移しました。

連日、茎が伸びるなぁ……と思ってました。

そしたらですね。

茎が軟弱になってしまいました。(ショボン)

全部で68輪の花があります。

もちろん、つぼみを含めてですが。

なんか、だらしない印象ですよねぇ。

反省します。

あ~~ぁ、しっかりと場所を確保しなくてはいけませんね。

 

先日、ユリ置き場周辺の草むしりを行いました。

また、やらかされてしまいました。

何がって。

↓を見てください。

 

早咲のヤマユリです。

発泡スチロールの箱が窮屈らしくて、自分から穴を開けて飛び出してきました。

左側の根元部分をアップしました。

発泡スチロールが弱いのか、ユリの芽が強いのか??

無事に花を見せてくれたら何も文句はありませんけどね。


 

これはヒメエゾスカシユリです。

エゾスカシユリと花は同じですね。

でも、茎の高さが違います。

 

スマホのサイズと代わりがありません。

本当に「ヒメ」ですね。

 

ササユリ イシマ産

5月4日に紹介してます。

その後のつぼみの状態です。

4日からまだ5日が経過したました。

この頃のつぼみの成長は早い!

 

ツンと上を向いていたものが、しっかりと横向きに変わりサイズも大きくなってきています。

 

今月待つ頃には花が見られるかもしれないですね。


上の写真は全て、キバナキカノコユリまたはキカノコユリです。

植えるときに、気づきもせずに一緒に植えてしまいました。

キバナキカノコユリは黄色。キカノコユリはオレンジ色。

分けたいけれど、まるっきりどちらがどちらかわかりません。

花が咲かなくては無理ですね。

こちらも  反省 です。

 

 

2020年5月6日

つぼみと花

 

昨日の5日は、暑かったですね。

急に暑くなると体がついていきません。

困ります。

 

さて、マドンナリリーの花が1輪咲きました。

昨年は、5月13日に1輪目が咲いたので1週間程度早く咲きましたね。

暖冬後、春先の低温続きが開花に影響してますね。

 

ちなみに、2018年は5月3日に開花しました。

無加温とはいえ、ハウス内なのですが気温の影響はどうしても避けられません。

 

花を見てください。

今年は、「花菜ガーデン」での展示がなくなってしまったので、昨秋から置いてあった場所から倉庫のような場所へ移してしまいました。

(マドンナリリーの部屋は、只今水稲のために使用中なのです。)

 

少々埃っぽいですが場所です。

葉の表面に薄っすらと土埃が見えます。

 

 

こちらは、つぼみのあるマドンナリリーの根本から芽出しをしてます。

 

??????

ちょっと遅れての萌芽ですね。

 

しかも、帯化してます。

芽が横長につぶれてます。

今年は、帯化が多くて…………

どうしたんだろ??

ヒメユリのつぼみ

今年も、たくさん咲いてくれそうですね。

 

色の濃淡があり、昨年は濃淡別に播種をしました。

球根の色分けができると面白いでしょうね。

イワユリの蕾です。

2019年は、5月8日に最初の花が咲きました。

今年は、まだですね。

花が遅れている理由。

それは、場所を移動したからです。

昨年までの場所が手狭になり、広いところへ移しました。

昨年までは、木陰でハウスの陰に置いてあり、気温は比較的に温暖だったので咲いたのでしょう。

今年の場所は、風が吹き抜ける涼しい場所。

今年は、開花するでしょうね。

開花時期に興味があります。

 

 


20205月4日

つぼみは膨らみ、花が咲き始める♫

 

GWとはいえ、今年は緊急事態宣言が出されているので例年とは違い、お出かけできませんね。

ガーデンは、GWとは関係なく動いています。

 

さて、花が咲きました。

今年最初の花です。

御覧ください。

 

エゾスカシユリです。

今朝開花したようで、まだ葯が開いていません。

雨が上がったら、早速受粉をします!

 

今年の反省

この場所は、風が通り涼しいんですが暗い。

なので、ひょろひょろになってしまいます。

今後の置き場所は変えたほうがいいですね。

ちなみに、今朝9時30分ころの気温は 19度でした。

 

5月1日のつぼみの状態。

5月2日の蕾の状態です。

1日よりも、色が少し濃いめでしょうか。

奥の花びらが、もう少しで咲きそうに見えます。


帯化のマドンナリリーつぼみです。

育ってますね。

咲いたら見事だと思います。

これを展示できないのが悔しい!

今年、これだけ花を付けてしまうと来年は帯化しませんね。

偶然に帯化するので、予想はできないし………

 

次どこかで帯化するのを待ちましょう。

 

イシマ産ササユリ

つぼみが膨らんで来てますね。

 

どんな花が咲くのか、楽しみです!

 

イワユリ

こちらも日々つぼみが育ってきてます。

割と、萌芽から開花まで早いので芽が放せません。

 

 

 

マツバユリ

 

自生地がロシアなどの寒い地方なので、毎年翌年まで球根が残ってくれるのか、毎年とても心配です。

しかし、この場所マツバユリに向いているようで、毎年つぼみを見せてくれます。

 

他の場所はいなくなってしまうんですよ。

温暖化が進むこれから、どうやって残していこうか頭が痛い問題です。

 

ユリシーズンは、始まったばかりです。

今年も、いろいろなユリの花を見ていいただけるよう努力します!

 

 

2020年5月1日

皐月が始まります。

 

今日から5月。

気持ちの良い風が吹いてます。

いいお天気ですね。

 

さて、ユリも育ってます。

しかし、残念なことに「神奈川県 花と緑の公園 花菜ガーデン」が8月末まで閉園のためにユリを展示できなくなりました。

マドンナリリーは、かなりの数を展示する予定で動いていたので残念です。

 

来年のために、今年の球根をしっかりと育てておきましょう。

 

では、最初に見ていただきたいものはつぼみです。

 

すみません。

鮮明ではないですね。

これは、4月27日の写真です。

 

ちっさなつぼみが見えますか。

これは、台湾カノコユリです。

つぼみができるのは、早いんですが開花までとても時間がかかります。

8月下旬ころになるでしょう。

 

色が悪いですね。

同じ箱に2年目の栽培なので肥料分が不足してますね。

根に肥料を施しました。

少しずつ効果が出ると思います。

 

 

ササユリ

徳島県阿南市伊島産

馴化後2年目の球根です。

つぼみを見せてくれてますね。

開花が楽しみです。

 

とても美しい花と聞いてます。

 

タケシマユリ

開花までは少し時間が必要です。

 

今までは、高冷地のみで栽培してました。

今年は、平塚でも開花がします。

高齢地のハウス内では、種がつきにくくて困ってました。

平塚では、オープンな場所で栽培をしてます。

種がしっかりとできることを願ってます

 

イワユリ

 

今年もイワユリが咲きます。

 

昨年の場所から移動し、日当たりの良い場所に置かれてます。

球根が肥大するようにしてます。

早く大きくなぁれ!

 

今年のマドンナリリーは例年と少し違っているところがあって、とても気になってました。

師匠がラボへ来られているので、伺ってみました。

 

上の写真のつぼみの付き方がおかしいですよね。

大きなつぼみの根本に小さなつぼみが付いてます。

本来、マドンナリリーの花はつぼみが分枝するはずはありません。

何がいけないのか、なにかおかしいことをしてしまったのか????

 

どうやら、気温の変化が問題のようです。

2019年から2020年にかけて、例年よりも暖かい日が続いてました。

しかし、急に冷えた日があったりして、つぼみができる過程で気温の変化の影響を受けてこのような形になったようです。

 

理由を聞いてホッとしました。

まっ、これはこれで面白い形ではありますね。

開花が楽しみです。

 

 

マドンナリリー 

カスケードストレイン系

 

つぼみです。

しかし、ちょっとおかしいつぼみ

 

上のつぼみは、左側のように茎が帯化して付きました。

つぼみは、20輪以上ついてます。

 

初めて、マドンナリリーの帯化を見ました。

驚きですね。

ユリは、どのユリでも帯化は起きるそうです。

 

この他にも、4株くらい帯化している球根があります。

 

今年は、うまく栽培できたのか、それとも失敗したのか???

 

なんとも言えません。


左は、3本に枝が別れてます。              こちらは2本。

 

とりあえず、今年は帯化の当たり年ということで、多く花が咲くことを楽しみます。